RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
クリスマスマーケット→shop×cafe不室屋

平日限定らしいドイツパンのサンドイッチと珈琲で軽くお昼ごはんを。
森アーツセンターギャラリーで歌川国芳展やってるんで観にいって、帰りにイリーで珈琲飲もうと思ってたらなぜか外に出てしまい、おやおやと思ってたらクリスマスマーケットやってて鮮やかだったのでついつい引っかかったの巻。


オーナメントやお菓子はもちろん、ドイツビールやソーセージのお店も出てるのでちょっと寄り道楽しいよ。ただテーブルが外にしかないので凍え死ぬこと必至。

友だちがあんみつ喰ってるとかつぶやいてるの観てたらあんみつ喰べたくなったので、ミッドタウンまで行ってサントリー美術館に併設されてるshop×cafe不室屋で生麩あんみつ喰べようと来てみたら、こちらは広重展をやっておった。でもあまり興味がないので展示は見ないで、広重展とのコラボメニュー、三色生麩をいただきまうす。


いやいやうまいです。当たり前だけどうまいです。あたくし生麩が好きで正月の雑煮に生麩を入れるのが一年に一度の贅沢ですうふふ。しかしだ、お茶とこのちんまりした麸のセットが1000円。都会価格恐るべし。高くてうまいのが当たり前の都会クオリティおそろしす。

もともと歌川国芳の門下生の月岡芳年が大好きで、そこから遡って歌川国芳を知った者としては、どの絵を観ても芳年が透けて見えるのがうれしくてたまらん。浮世絵とは思えない構図の大胆さや遠近感、青の美しさ、水の表現の豊かさや動物絵の巧みさと魅力がたんまりとありますので浮世絵がとくに好きではないかたにも楽しめるところがよいね。ちょっとしたアトラクションのような、映像のような力のある作品が勢ぞろいです。年末年始無休でやっとるらしいので是非是非でございますよ。


JUGEMテーマ:今日のおやつ
author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 15:06
comments(0), trackbacks(0), - -
おろし蕎麦@東麻布 やぶそば
麻布十番駅から狸穴方面にぽちぽち歩くと
昭和の香り漂う住宅街にひっそり佇むやぶそばあり。
昼をちょっと外して13時すぎに。はためくおそばの幟が目印ね。

おろし蕎麦。

奥はおろし蕎麦大盛り。

やぶそばだけどつゆは塩辛くない。おろしのせいか甘口に感じるけど、おなかが空いてるときはその甘味がうまかったりね。
蕎麦は細切り。

外観も内観も蕎麦の味も、ここは東京、ザ・昭和の蕎麦屋、って感じの決まり具合です。
サラリーマンのみなさまがさっと喰べてさっと帰る、基本的な蕎麦屋さん。老夫婦がひっそり営む居心地のよい、庶民的なお店。

おろし蕎麦、これ650円です。
ここは東麻布、近辺には永坂更科一派が高級な店構えで高級ぽい更科蕎麦を提供していらっしゃいますが、いかがでしょう、昼過ぎにお散歩がてら麻布で昭和の東京蕎麦をキメてみませんかい。
その後十番商店街を散策すると、豆源その他昔からのよいお店がより一層あざやかにくっきりと、目に飛び込んでまいります。旧き良き時代への軽いタイムスリップのスタートに、うってつけの一店。





関連ランキング:そば(蕎麦) | 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅


author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 14:05
comments(0), trackbacks(0), - -
武藤づくし@麻布 武藤
魂友とメシ。
モンスーンカフェではまぐりのバジル炒めとかつまんでたんだけど

いかんせん店内禁煙、とくに喰べたい料理もなくそそくさ退散。

さてどうするかと十番商店街ふらふらしてたら

おぉぉぉ
プロレスLOVEポーズでおなじみ武藤敬司じゃないか!!
現全日本プロレス社長、グレートムタであり武藤敬司。なにを隠そう元プロレス好きの魂友とあたくし、これは行くしかあるまいってことで。


武藤コロッケ。
でかいっす。熱々はうまいっす。


もぎたて野菜と武藤秘伝の肉味噌。
肉味噌うまかったなぁ、野菜しゃきしゃき。


自家製、武藤の焼売。
これはダメだ、ところどころ非常に舌触りの悪い部分とか堅いところとかあってマズい。
なんだろなぁ、干しえびがでかすぎんのかちゃんと戻ってないのか部分的に蒸し上がってないのか、なんかそんなざらついた感と堅い感。


ホルモン焼き塩。
正しく名前をつけるならば、もやし炒め塩だれホルモン風味。ホルモン焼きの塩と聞いてお値段1300えん、あたくしはもやしメインの炒め物とは想像できませんでした。これテーブルに運ばれてきたとき他卓の料理間違えて持ってきたんだとふたりとも思ったんだよね、なにこれ?って。

ってなわけで微妙テイスト、場所柄なのか高いお値段、チャージひとり500えん、なのにしっかりな接客でもなく高級テイストでもない、なんとも中途半端な不思議な店でございました。
武藤さんが道場で喰ってるとかのもっとがっつりばっさり系に生まれ変わることを期待。好きなんだけどなぁ武藤敬司。店内はサイン入り武藤ベアーTシャツ満載ですがノリは全然プロレスじゃござぁせん。


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 21:41
comments(0), trackbacks(0), - -
鮎蕎麦@ミッドタウン江戸切庵

また蕎麦喰ってんなオレ。

こじゃれたふりをして実は全然こじゃれてないどころかどうしようもないに近い蕎麦屋で鮎蕎麦。鮎骨までいけるように煮てあります。
ただね居心地が相当悪いですここ。ものすごくがさついてる。もう来ない。

めずらしく都会に出てきてミッドタウンとか言っちゃってどうしたの?って感じですがだってCHARさまがライブするって言うんですもの富士山
ミッドタウンの4FにBillboardLiveがございましてね、いかすドラマーとぶりぶりベーシストと滑らかなキーボーディスト、そしてCHARつう垂涎の取り合わせなので勇気を出してこじゃれ建物に来た次第。
だって虎屋がこんなことになってやがんのよ。

格差だよ格差。
地域格差だったり収入格差だったり意識格差だったりツレとのベクトル格差であったりいろんな格差を目の当たりにして、いかしたライブの余韻が一気に醒めた夜。




JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 23:26
comments(2), -, - -
ナシゴレン ワヤンバリスタイル@泉ガーデンWayang Bali
071212_2011~0001.jpg
普通のナシゴレンよりしゃきっと辛い。そのしゃっきりさがうまいナイスごはん。
あとテンペのサテとかオムレツとかやりいかスパイス煮とかいろいろ。
どれ喰べてもハズレなしだった、うまかったん♪


ちょいとぼんやりだけど泉ガーデンのイルミネーション。
071212_1953~0001.jpg
青い光にとても弱いオレ。


遊びすぎ外メシ多すぎって?
はいそーですそのとおりっす…ちょいと静養しまっすムニョムニョ





JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 23:59
comments(0), -, - -
もずくのかき揚げとか@十番の沖縄料理屋さん
071102_1948~0001.jpg
お店の名前忘れちゃったの。
暗いのでフラッシュたいたら変な色で写真撮れちゃったけど御容赦。

ふーちゃんぷるーも。
071102_1940~0001.jpg

あとらふてーやらパパイヤサラダやらうこん茶やらなんやらかんやら。
いやーふーちゃんぷるーがうまかったのよ−、ぬぁは!とか訳わかんない声出ちゃったくらいうまかった。久しぶりに自分でちゃんと作ろっかなーと思いまちた。


2軒目は渋谷風若者こじゃれバーみたいの行って、オブジェにピースしながら思い出話とかして、はっと視界がクリアになっちゃうような、あぁあのひとと、このひとと、出逢えて繋がれて本当にあたくしは幸せだーとか、いろんなことしっぽり感じながらでっかい手のひらの上で守られてだらんと弛緩しているような、なんとも暖かく楽しい時間はあっという間にすぎ、終電がやってくるいい夜でございました。


信頼とか信用してるひと、ってわりと分業制(?)だったりするわけなんすね、たとえば仕事いっしょにやってるひとは仕事について信頼してるから仕事上のチームが組めたりするわけ。あとのことはどうでもよかったりしちゃう。
でそれの最大級が全幅の信頼を寄せる、ってことなんですけども、文字通りありとあらゆるすべてのことにおいて信頼しきってるひと、っていうのがほんの一握りいるのですね、本来ならそういうひとを自分の恋人やら妻やら(!)にすべきなんですが、世の中なかなかそううまくいかないもんで、恋人は無理だろーっていつも言い合っちゃうそんな不思議な居心地のよい関係つのがちょろっとあったりします。
頭がいい、もしくは勘がいい、とみんな気軽にいいますが、頭がいいってそんなもんじゃないよあっかんべー

author:noshade現品限り, category:外メシ[麻布十番/六本木], 23:59
comments(0), -, - -