RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
松江風月堂のカステラと萬寿、そして境港椿屋のどら焼き
境港松江の旅連投8日記。
http://noshade.jugem.jp/?cid=49の11月23日から上に登っていくと
全部一気に観られまーす。
-------------

松江の堀川遊覧船乗り場の前にひっそりと佇む素敵な和菓子屋さんをさ、前の日に目にして気になってて、最終日に朝から目指して歩いて買い物してきたのです。それが風月堂さん。
カステラ半棹と萬寿という大きな饅頭を買ってきたので、おうちで思い出しお茶。

カステラはザラメが敷いてあるタイプ。


これ大きな塊から切り出して、紙でさっと巻いてくれるのです。量産品じゃない深い味わいがしっかりあります。ものすごい香ばしさなんだけど胡麻油で焼いてたりするのかな。たまごの味もたっぷりだけど、甘みが軽いのでどんどん喰べられます。

萬寿は大きな玉子ぼうろの中にこしあんがつまってる不思議なお菓子。



こしあんぎっしり。

ちょっとチンするとやわっとしてまた違った風味を楽しめるよ。これ皮が甘くなくて、すっきりと喰べやすいのです。両方ともものすごく愛を感じるお菓子。きちんとした手数を踏んで作られてる歴史みたいな、良い意味での念のようなものも感じます。

さてもうひとつは2日目の境港で買った椿屋のどら焼き。

こぢんまりとしてちょうどよいサイズ。


あまり甘くないつぶあんでさくさく進めるのですが、いやー皮がうまい。たぶん味噌が入ってると思われる香ばしさと甘みでございます。もちっとしていながら後味が軽く小気味良いうまさ。まいったな、これは通販お願いしちゃうかもしれないな。

つうわけで和菓子がとても素晴らしいです。総じてあんが甘すぎないのですっきりとしていて、香ばしさの立つものが多いから抹茶なんかのお茶の甘みも楽しめるように設計されてるかんじ。甘みの強いお菓子を渋茶で流し込む関東の趣味とは一線を画す、構えない、気取らない、さっぱりとすっきりとした風情がお菓子にも現れているように思いましたの巻。次回は松江にお菓子の旅をしたい。あ、蕎麦もだけど。


JUGEMテーマ:今日のおやつ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 14:31
comments(2), trackbacks(0), - -
浜田の赤天とか@炉端かば 米子空港店

米子に戻ってまた境線で米子鬼太郎空港へ。


あぁぁ帰らねばいかんのか。ぬー。

最終便だったので念願の居酒屋で軽くつまんでから帰路へつくことにした。炉端かば
白いか刺身。


ウワサの浜田の赤天

ピリッとフワッと、よいおつまみ。

ホントに中まで赤いのよ。


あとは自分で炙れ寿司。


炙りじゃないよね、瓦風の鉄板に油ひいてあるし。


香ばしくもなんともない具をのせて喰うと。

あ、シャリはうまかった。

げんげの揚げ物。


そんなわけで最後まで山陰海の幸を満喫して、まさに後ろ髪をひかれる思いで飛行機に乗ったのでした。帰りたくないのです。
ここのところ体調も芳しくなく、鼻炎もひどくて参っていたので、保養を兼ねて出かけてみたのですが、すぱっと鼻水も止まってびっくりだよこれ。おいしいお水とおいしい空気とうまい喰べものとあっきーの笑顔のおかげでございます。
あっきー、いつもいつも本当にありがとう、いつもかわいらしい笑顔で迎えてくれてありがとう、ほっこりとして力が抜けて、心からほっとするのです。愛しているよハート


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 20:21
comments(0), trackbacks(0), - -
釜揚げ蕎麦→カフェオレ@出雲そば きがる→服部珈琲工房

本日はギャートルズからスタートです。
園山俊二さん松江市出身だそうで、さりげなくギャートルズ。

いやー天気がよい、暖かい。


すれ違うひともおらず不安になりながら神社へ向かうよ。



出雲國神仏霊場第六番、賣布神社。ものすごく力強い、凛とした空気のある神社。しゃきっとする。賣布=海藻や草木が豊かに生えるという意味だそうな。龍がたくさん。


そのあと咳地蔵がいる善導寺寄ったりしてフラフラと歩いて松江城のお堀まで来ちゃったよ。


んじゃもう歩いて行っちゃうかってことで


きがるに着いた。
きょうも釜揚げ蕎麦。

ここのははじめから蕎麦つゆ入ってる。

そしてきょうも割子。


両方とも挽きぐるみだけど、ふなつに比べるとあっさりさっぱり。なので冷たい蕎麦、割子がとてもおいしい。するっと入るのに香りよく、歯ごたえもよいけどくどくない。割子そばをきがるで喰べて、釜揚げ蕎麦をふなつで喰べたいな。

そして八雲庵を横目に


素敵な鍛冶屋さんの佇まいを眺めながら

その横のお店でふくぎ茶を買って

階段を登って


城山稲荷神社へ。


圧巻のお狐様。

ラフカディオ・ハーンが愛したという石狐がたくさんいるのです。
うぉぉ夜行けばよかった、楽しそう。


散歩したのでお茶にしよう。
珈琲飲みたいのでバスに乗ってあっきーが教えてくれた服部珈琲工房へ。

これがまたね、幻想的なんですよ。
薄暗くてゆったりとして、午睡にぴったり。

カフェオレをいただく。

カフェラテじゃなくて、カフェオレ。
最近原点回帰みたいな気分でカフェオレがお気に入り。どっしりと香り高いブレンドとフォームまでいかないギリギリのミルクと、茶色いコーヒーシュガーとの組み合わせが絶妙だった。うまい。

日が暮れてきそうだったので、松江サティで食料品をチラチラあさって、さしみしょうゆあごだし入り錦味噌を購入して、米とかヤーコンとか野菜とか買ってゆうパック発送したいぞしたいと思いつつ時間がなくなってきて、泣く泣く空港へ向かいます、そう最終日なの、ぐすん。次へつづく。


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 17:00
comments(0), trackbacks(0), - -
松江ふれんち郷土料理 宝石箱幕の内@松江RiverView 宍道湖ジュエリークルージング

蕎麦喰って暢気に散歩しながら不昧公って名前のだんごつまみつつ、のんびりだらだらと御手船場町のRiverViewに向かってあっきーと合流。


本日のおめあては

船でござんす。宍道湖ジュエリークルージング、あっきーが予約しておいてくれました。16時集合、16時半出港で夕焼けと夜景と両方楽しもうクルーズ。他の予約のお客さんたちと一緒に、船長の会長さん含め8名で出港。


まだけっこう明るいね。


船の中で宝石箱幕の内をつまみつつ、お店で頼んでおいた飲み物もいただきまうす。


さぁ暮れてまいりました。
きょうはちょっと雲が出てて、ばっちり夕焼けではなかったのだけど、雲の隙間から差す光もなかなかどうしてオツでございました。

あれよあれよという間に


とっぷり暮れてきたのでがっちりダウン着て外に出てみるよ。


うわう!360度ぐるりとキラキラだ。




意外と船は速いので、うわーきれいだなーとか言ってるともう違う景色に変わる。宍道湖って思ってたより広いんだなぁ、湖から夜景を観たことがなかったのでとても新鮮な体験で、大切な友だち、あっきーと一緒に特別な体験ができたかんじで楽しうれしかった。会長さんの軽快なトークとともに1時間半のナイスクルージング。

おつかれさまでございました。いやー楽しかった、これね、お弁当とクルージング込みで¥3500。お得感満載。

さて真っ暗な感じですがまだ18時すぎなのよ。
珈琲が飲みたいと駄々こねてラバールに連れてきてもらう。

アップルパイとクラシックショコラ。


そしてオレンジタルト。
それぞれの具材がしゃきっと主張する正しいおやつたち。
おいしい珈琲と楽しいお話で夜は更けていくのでした。次へつづく。


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 18:27
comments(0), trackbacks(0), - -
かまあげそば@松江 中国山地蕎麦工房ふなつ

昨日よりちょっと天気がよいぞ、機嫌のよさそうな日本海を眺めつつ、松江に移動。


松江城!


うっすら城下を眺めつつ


外側まわって10分くらい歩いて、本日のお昼ごはんのお目当てはふなつの蕎麦

やわらかとうふをつまみながら、蕎麦を待つと。


きたきたかまあげそば。

釜揚げって出雲そば独特の喰べかたなんだそうだ、はじめて喰べるのだ。蕎麦湯の中に蕎麦が入ってるだけなので、ここでは蕎麦つゆを自分で好みの量差していただきまうす。挽きぐるみ蕎麦なので香りも強くて食感もゴツゴツ、さらに釜揚げなので喰べてくうちにモチモチと蕎麦がきみたいな食感になってくる。いやーうまいぞ、これはうまい。どっしりとしてもちっとして、香りもよくていいかんじ。

こちら割子。

割子も挽きぐるみ蕎麦だった。どっしりしっかりの噛み応え。ざる頼むといわゆる江戸前の細いやつが出てくる様子。田舎そば的なのが苦手なかたはざるのほうがいいかもよ、五感で蕎麦喰ってる!って楽しめるのは断然挽きぐるみ。
両方とも蕎麦がき揚げたのと、蕎麦ぜんざいがついてまいります。ぜんざいのあんも甘くなくて、出汁強めの薄口な蕎麦つゆのあとにうれしいお味。

きょうの蕎麦粉。

今自分が喰べている蕎麦は、誰がどこでどうやって作っていて、それを打ってるひとがここにいて、というルーツが分かるというのはとてもよいよね、んでこのお店は蕎麦が好きなひとたちがしっかり作ってるってことが分かるのでなおさら。

おかみさんも適度な距離感で親切にしてくれて居心地もよく、ぐるっと松江レイクラインバスのバス停も近いのでのんびりできます。いいすね、次回松江に来るときは必ずまたここで蕎麦喰います。



JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 13:05
comments(0), trackbacks(0), - -
妖怪たちの決戦編@皆生温泉 かいけ彩朝楽

べとべとさんランプ。

まわりは妖怪一覧。


境港からバスで30分くらい揺られて皆生温泉にやってまいりました。「かいけ」と読むですよ。本日のお目当てはここです、さてふすまを開けてみましょう。


閉めてみましょう。


テーブルが鬼太ちゃんの下駄!

鼻緒邪魔!

向こう側の壁に下駄を蹴る鬼太郎。


隙間から見えるたぶん子どもの鬼太郎のシルエット。

これがさり気なく怖い。

布団はセルフサービスよ。こちら。


布団が入った押し入れには

枕返しがいる!

鍵もね。


てなわけで鬼太郎ルームにご宿泊です。いい歳して何やってんですかってツッコミは聞こえなーい。
ごはんは普通に朝夕ともバイキングで大広間行ってみんなで喰べるやつ。

夜はさかなづくしにしてみました。あと豆腐ちくわの天ぷらとか。あんまり地元色が強くないな。

バイキングにもデザートはあったのだけど、入口で従業員さんが小さな声で鬼太郎ルームの方には特別にデザートがあるよって教えてくれてたのだ。

一反木綿とぬりかべ!なんでぬりかべは天地逆なのか分からんが、カスタードあんの入った餅と黒胡麻ムースでございました。これおいしかった。

朝もバイキングですが、さらに地元色が薄まってつまらない。とりあえずおかゆ喰べてみる。

干物のところに干物温め専用のトースターがついてたので温めようと思ったら、若いおねえさんがパンを焼き始めてしまったので断念。あれ生臭くないのかな、大丈夫なのかしらん。

てなわけで鬼太郎ルームも大満喫して次は松江へ向かいますよ、蕎麦蕎麦。
次へつづく。



JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 20:43
comments(0), trackbacks(0), - -
妖怪ラテとか妖怪パンとか妖怪饅頭とか@境港お散歩の旅

米子駅のキオスクは鬼太郎一色。

さて本日は米子駅0番ホームから境線に乗って境港にまいりまうす。
堺線と言えばそうですあれです、


妖怪電車でございます。朝っぱらからテンション最高潮。あたくし知る人ぞ知る妖怪マニアでございまして、けっこう昔からなので筋金入りでございます。そのへんのニワカなひとと一緒にされちゃ困るんだよ、へっ。

今朝の電車は前がオヤジ、後ろがネズミ男っていう豪華2両編成。
シートももちろん



天井ももちろん


それぞれの駅はそれぞれの妖怪の名前がついてる徹底ぶり。


すれ違った電車は猫娘だった。


キャッキャウフフと楽しんで40分、終点の境港に到着。

お仕事中の水木先生が出迎えてくださいますよ。

タクシーも妖怪。


街には妖怪立体ブロンズ像目白押し。

マップをご覧くださいませよ、驚きの量ですよ。街おこしってこうやってするんだなぁすごいなぁと感動の嵐。あ、ブロンズ像の写真ほぼ全部撮ってきたので、興味のあるかた声かけてくださいな、お見せできますぜ。

妖怪酒やられてる千代むすび酒造さんもこんなかんじ。



妖怪饅頭屋で試食どうぞ〜♪って丸ごとネズミ男くれた。

浅草の人形焼のほうがおいしいぬ。チョコレートクリームだった。


さてここまで読んで既視感のあるあなた大正解。5年前に来ておりますねここ、日記も書いております。そのとき休みで侵入できなかった水木しげる記念館にまいってみました。

不気味な鬼太郎と


安っぽいネズミ男がお出迎え。


京極夏彦先生監修の中庭とかあってコアな妖怪好きには面白い空間。


そんなことをしてたらガンガンでかい雹が振ってきた!しかも連打!すげーこんなデカい雹観たことないってくらいデカくて量も半端なかった。がっつり冷えたので近所の妖怪楽園に急いで避難して妖怪茶屋で妖怪ラテを。

混んでないのに出てくるの遅いうえにぬるくて全然身体が温まらないの刑。

雹の合間を狙って移動、

サラリーマン山田に驚かれながら椿屋でどら焼きとそば上用を買ったり、Tシャツ買ったりポーチ買ったりクッキー買ったりまぁ忙しいよちまちまと。

そういえばお昼ごはん喰べてなかったので神戸ベーカリーなる神戸屋と間違えちゃうようなネーミングのパン屋で妖怪パンと珈琲で軽くお昼を。

こんなかんじで妖怪パンセットができて、専用の箱に入れてくれるらしいのだが2点すでに売り切れと。んで残ってた鬼太郎、一反木綿、ネズミ男を購入。


これ鬼太郎なんだって。どこが鬼太郎なのか分からんよね、妖怪好きやら観光客やらをバカにしてんだろってちょっとムカっとする。適当すぎるんだよなぁもうちょっとちゃんとしてもいいんじゃなかろうか、1000も2000も作ってないんだろうしなぁ。んで珈琲も横浜中華街聘珍茶寮SARIOと双璧をなす不味さ。煮詰まり過ぎだよ人に出しちゃいかんよ。なんかこういう、ブランドにおんぶされて暢気にしてる意識の低いお店が、意識の高い他のお店の足を、ひいては境港の足を引っ張らなきゃいいんだけどなとか余計な心配をしつつ、駅に戻って妖怪じゃないバスに乗るのでした。次へつづく。


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 15:00
comments(0), trackbacks(0), - -
よこわとかへいず鯛とか親かに汁とか@回転すし北海道 皆生店&寿司みなと 旗ヶ崎店

揺れ揺れの飛行機で酔ってしもうたんでございますが、着きましたよ米子鬼太郎空港。やってまいりました骨休め。愛しのあっきーと鬼太郎に会いにきたのです。

あっきーが空港までお迎えにきてくれたので、ブンブンと走ってもらってたら虹が出たよ。

なんかいいことありそうだよ、うひひ。

お菓子の壽城

とち餅やらあごカツやらなんやらたくさんつまみ喰いして、大山まきばみるくの里でソフトクリーム喰べて、スーパーに名産品を物色しに連れてってもらったりしてすでに大満喫。満を持して夕飯は回転すしへ連れてってもらったよ。

回転すし北海道は大人気でちょっと待ったのよ。
鯵。


あなご煮たやつ。

やわらかでとろとろ。

大人気すぎて日本海ぽいものが概ね売り切れてしまっていたので、次のお寿司屋さんへ連れてってもらうことにしたのだ。はしご鮨。二軒目は寿司みなと。一軒目はファミリーでわいわいしてたけど、こちらは仕事帰りのお父さんたちがしっぽりと呑んでるので期待大。あるある、日本海の幸がたんまりだ。

よこわ。クロマグロの稚魚の呼び名だそうだよ、関東ではメジマグロとか呼ぶやつ。

しっかりな味わいなんだけど、脂がそんなにのっかってないのでさっぱり喰べられる。あたくしにはうれしいおいしさ。

いいだこ。

しっかりめの味で炊いてあるやつがのっかってた。

かます炙り。

白身でさっぱりと思いつつ、炙ったおかげで香ばしいコクがしっかり出てきた!これはたまらん。うますぎて悶絶。

へいず鯛。

これはヘダイだと思われますよ。黒鯛よりも生臭くないかんじ。むっちりしてておいしかった。

さぁそしてこの時期の鳥取といえば奥さん、カニですよカニ。

どかーんと半身が入ったカニ汁、お値段驚愕の¥105!悶える!


ふひひひ。

山陰鳥取沖で獲れるズワイガニの雄が松葉ガニ、雌が親ガニとかセコガニと呼ばれてるそうで、これは雌ちゃん。スーパーの魚売り場で11/9に漁解禁て書いてあったぞ。残念ながらあたくしカニが苦手なのでいただいておりませんのですが、香りから想像するに、がっちり出汁が出てるかんじだった。

いやーうまかったなぁ、山陰の海の幸満喫。
明日は境港から皆生温泉へ向かいますよ、次へつづく。


JUGEMテーマ:グルメ
author:noshade現品限り, category:外メシ[米子/松江/境港], 22:45
comments(0), trackbacks(0), - -
鳥取回転寿司日和
 こんにちはー。大変ご無沙汰しすぎて「あんた誰?」的な感じだと思いますが、一応、もう一人のここの住人、あっきーです。まぁ、屋根裏に居候させて頂いてる程度の者ですが・・・。

今日は久々にお鮨いったのでご紹介。あ、もちろん回ってるやつです。
鳥取(米子)なのに「北海道」という名の回転寿司屋。もちろん、ほとんど地の物(境港産)が回ってますです。

では、どーん☆
100928_1332~01.jpg

贅沢三昧 ¥480

うに軍艦、中トロ、すじこのセット。すじこは、さっさと妹に取られました(泣)。
そしてそして、この季節といったらあれですよー。さんまー。

100928_1324~020001.jpg 100928_1327~010001.jpg

生でいってー、炙ってレモンと塩でいってー、

100928_1324~020001.jpg 100928_1332~020001.jpg

もっかい生でいってー、で炙って今度はおろしでいくと。
で、〆にまた生でいきましたとさ。
ちなみに生も炙りも一皿(二貫)¥180なのね。

さんま三昧。9割さんまだったという笑。
でもねーこの時期ですからねー。文句なしにうまいわけでした。
さんまあるうちは、しばらく通いたい感じです。

ごちそうさまでした☆
author:あっきー, category:外メシ[米子/松江/境港], 18:11
comments(3), trackbacks(0), - -
海鮮丼@まつや 他、ここ最近のご馳走達
はい、どーもー。新年あけましておめでとうございます鏡もち
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
いやはや、もう一ヶ月がすぎようとしておりますなー。年々時の流れの早いこと。
外メシの日は写真撮るようにはしてたんですけどね、なかなかご報告できないでおりましたら何枚か溜まったんで、重い腰をよっこらせっ、と。
相変わらず、旨いものに囲まれていらっしゃるnoshadeねぃさんの足元にも及びませんがね猫2

えっと、コレ先週仕事でご一緒した方に連れてって頂いたとこの、海鮮丼。


ご一緒した方曰く「今日は魚あがらなかったんだな」だそうな。
いつもは、卵とか練りものとか入ってないんだってー。漁によって上にのっかるものが変わりますので、運だめし。
ご飯足りないっすー。ネタのわりにごはん少なめ。でも、品数多くてなんか満足。うまーい。

それからそれから。これ、お友達のうちの新築パーティーに、わたくしのお誕生日会を交えてくださった時のー。

超豪華ラブラブお料理は、お友達のお友達が出張シェフでこしらえてくださったもの。ローストビーフやらカルパッチョやらやなんやらかんやら、ナイフとフォークがたくさん並んだとこのお料理みたいで緊張しますなたらーっ定番パスタもから揚げもサラダもスープも、どれもウマウマハート

ケーキは、お友達のお手製♪キャラメルチーズ、ガトーショコラ、ベイクドチーズ。大感激!ありがとーハート


えっとーあとはー。こないだうちの社長とお客さんの会についてった時のコースディナーうちで工事させて頂いた、「コートドール」ってワインバーワイングラスワインバーだけど、わたくしはお料理のみ(笑)。実は、ほっとんど飲めないのですよ。なのでお料理まっしぐら。

オープンキッチンのカウンターでお箸で頂くかしこまったお料理は、非日常な空間なのに落ち着けて堅苦しくなくて、でもなんだか特別で美味しくて、最高に幸せですな。
そのコースの数々。


フルーツトマトとサーモンのマリネ。程よい酸味と塩味。あのトマトはデザートだな。


和牛のタルタル。なんのお味かしら。お肉のお味?サッパリなのに後引くお味。うまー。


ツキノワ(的鯛)をサッ焼いたのと、カキのフリットがくりぬいたジャガイモに詰まってるのを、クリームソースで頂くというもの。
ツキノワー。ムチムチー!淡白なのに旨味みギュッて感じ。お上品なお味。


手長エビのトマトソースのパスタ。エビが濃いったら!大好き。


鹿とフォアグラのソテー、ママレードソース。脂身のほとんどない鹿だけだとうまいけどちょっとパサッとするのをフォアグラが絶妙にアシスト。新鮮な鹿くん。ありがとう。

つーか、食いすぎじゃん?ってツッコミはなしでイヒヒ

最終。昨日もらったコレ。今日の夕食。

じゃじゃーん。鬼太郎カレーぴかぴか正式名称は「鬼太郎の好きなビーフカリー
テレビ見てなかったんだけど、ギャル曽根ちゃんが全国1位に選んでくれたそうで、入手困難だそうな。お味はどうかしらーるんるん


最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございまーす!
横浜行きたいんですが、忙しくなってきたよー泣き顔現実逃避したいー汗うぅ。

author:あっきー, category:外メシ[米子/松江/境港], 18:51
comments(3), -, - -